伝統の燕鎚起銅器金工師 上野彬郎 
 
略  暦
昭和27年 五代目玉川覚平に師事


昭和42年 独立、工房「上彬堂」主宰


平成 2年 通商産業大臣認定資格


「伝統工芸士」取得


平成10年 「燕大賞」を受賞


平成20年 第3回新潟県伝統工芸作家展


 「奨励賞」受賞
鎚起(ついき) とは 地金(じがね) を鉄製の
 
当金(あてがね) に掛け、(つち) を使って
 
打出し と 焼きなまし を 交互に繰り返しながら、
 
皿状の過程を経て筒型立体形の完成
 
までの仕事です。
 
作品により立体感や装飾のため木目金
 
(もくめがね) や 象嵌(ぞうがん)細工@
 
用いることもあります。
 
鎚起の特徴として、表面に鎚目(つちめ)
 
模様A が確認できます。
 
左の作品を通して高度な技術を説明します。
 
形状に注ぎ口B(通称、口) と取っ手の
 
受け部分C(通称、耳) があります。
 
最も高難度の技法"耳口一体打出し "
 
( みみくちいったいうちだし ) は 異なる二つの耳と
 
口の部分を一枚の地金から
 
継ぎ目無く立体形にするもので、
 
現在それが可能な職人は限られます。
B
                     
鎚起 に ついて
銅製

耳口一体打出し

湯沸し

打込み象嵌

南瓜型
純銀

耳口一体打出し

南瓜型

燗瓶
@
B
A
B
C
C
C
うえ     の     よし        を 
 
           
つい き
上彬堂
上彬堂
ホーム燕鎚起上野彬郎_1燕鎚起上野彬郎_2燕鎚起上野彬郎_3燕鎚起上野彬郎_4燕市周辺サイトマップ特定商取引法 
C
B