日日是好日
ホーム|電子駒友新聞_1|ホームカミングデー_2駒友サミット_3駒友メンバー_4燕佐渡大会_5二戸大会_6駒澤大学_7
佐渡弥彦米山国定公園に指定されている標高481.7Mの角田山のふもとに位置する「佐潟」は
ラムサール登録湿地帯が東京ドーム約17倍の、国内最大の砂丘湖です
日中、群れになった白鳥が越後平野のあちらこちらの田圃で落穂を啄む風景は、新潟冬の風物詩です
白鳥は佐潟等で越冬し、2月下旬から3月頃シベリアに向け北帰行
ほとんどの白鳥は、佐潟の北から着陸態勢に入り、直進して佐潟に着水
手前は佐潟

正面は角田山

その左奥は弥彦山
越後国消雪用

地下水散布装置は

大・中・小の道路を問わず

センターラインに張り巡らされています

越後国は古くから石油の産地で

知られており

石油の痕跡が現在も

あちこちの消雪用地下水の表面で

確認できます
冬の晴れ間 佐潟と角田山
但馬国に集合した六人の侍たち

ヨッちゃん ノブちゃん フクちゃん アッちゃん ヨシ君 ヨシ坊
 まるで、アカデミー受賞映画「幸せな男たち」のワンカットのようなシーンです